春ちゃんブログ

ようこそ、我が家の縁側へ
少し話そうよ





天国


図書館にたくさんの人がいる。
出先で仕事の続きをする。

WiFiも電源も使って良いそう。
サクサク仕事が進む。

天国だなあ。
ここは。








気の持ちよう


嫌だなあ~と思っていたお誘い。
社交辞令で、楽しみにしてます!って返事した。

あれ~不思議だねえ。
なんだかワクワクしてきちゃった。

そっか毎朝
楽しいって思えば良いんだな。








そうしたら


ぜ~んぶ辞めたら
楽になるのか。

背負っているものを全部捨てたら
楽になるのか。

縁側で日向ぼっこ
たまにするから良いのかなあ。

ずーっとしてたら
どうかなあ。








やっていける


見ていてくれる人が居た。
頼りにしてくれる人が居た。

大丈夫。
これでもう少しだけ

がんばれる。








虚しい


なぜ批判ばかり?
何の提案もせず

自分でやって見れば?
人が一生懸命やっているのを見て

結果について
ああだ、こうだと

口だけ立派なやつ








雪かき戦法


物事には期限がある。
この日までに提出しなければいけない
ドキュメント作成

余裕があるならともかく
もともと至急で期限も短い。

受けた時点でマズイという感覚
これは雪かき戦法で行くしかない。

細かくタスクを洗い出し
出来たところを塗りつぶす。
ぎりぎりセーフ。

スコップのサイズでもかいていけば
大きな塊の雪でも処理できるもんね。
恐るべし雪かき戦法。








悩みは反芻しないこと


悩んでいるときその事ばかり
あたまの中がいっぱいになってない?

何度も思い出しながら
牛みたいに反芻しちゃってない?

ぐるぐると出口のない
迷路に迷い込んでるんでしょ。
いや~なもやもやした気持ち。

それダメなんだよ。
いま自分の呼吸だけ意識してみて。

吐いてるぅ吸ってるぅ
また吐いてるぅ
そして吸ってるぅ

反芻しないこと。
これこそ大事なこと。










ゆるせないこと


トンネルでライトをつけない運転手
あぶないでしょ!事故ったらどうしてくれるの?

本のカートを平積みの前に置きっぱなしで
整理している書店員
お客さんそっちのけ?自分の仕事は本の整理なの?
絶対買わないよ~~だ、あっかんべー!

あ~、イライラする。








引き寄せパワー


なるほどねえ。
ふむふむ。

ふと立ち寄った本屋さんで見つけた本。
立ち読みでぱらぱらと読んでみる。

良いといわれることは試してみよう~っと。
きっと良いことが起こるに違いないぞ。








ひとりだから


ひとりだからなんにも出来ないの?
じゃあ他に誰かいれば良いの?

逆にひとりだから何でも出来るんじゃない。
自分が思うように自由にできるじゃん。

そう要は自分がどうしたいかでしょ。
ちがう?








でも大丈夫


怒り心頭。
我慢の限界。

まずい切れるかも。
プツン。

「でも大丈夫。」
って呪文をかけると。

あら不思議。ホントに大丈夫。
あぶなかった。ぶん殴るとこだったぜ。








うまくいかないとき


物事がうまく進まないときがある。
あちらもこちらも壁だらけ。

そういう時はまだ時期じゃないんだ。
そっと温めておくと良い。

とつぜん救いの手が差し伸べられる。
ありがとう。道は開かれた。








肩のちからを


生きていくって結構大変だ。
息を吸って吐くだけじゃ駄目なんだ。

めんどくさいしがらみに
もうどうにでもなれ!

袋小路でもう動けない。
仕方がないからそのまま

しゃがんじゃえ。
ついでに肩のちからを抜いちまえ!








雪のち晴れ


図書館で本を読む。
オープンサンドを持参して。

休憩所ではおにぎりを食べる背中が。
たくさんの人だ。

空いている場所を見つけ
水筒のコーヒーをひとくち。

窓のむこうは雪の白さが際立つ青空だ。
ほんわかな時間が過ぎて行く。









軍手


わぁー、真っ黒になっちゃった。
洗面器にお湯を張る。

軍手をはめたまま
固形の石鹸をつかむ。

まるで手を洗うように。
真っ白になった。
う~ん、きれい。








伝える


こちらの真意が伝わらない。
話をしていてあれっと思う。

手振り身振りを加えても
反応がズレている。
たぶん正しく伝わっていない。

受信側でストーリーが出来てしまっている。
外れた情報は排除された。










子育て


「洗濯の間、赤ちゃんを見てて」
家事を終えて戻る。

足の指でゆりかごを器用に揺らし
漫画本を読んで笑ってる。
赤ちゃんは気持ち良さそうに眠ってる。

ちょっとしたカルチャーショック。
目を見つめ合いながら授乳すべき、なんて
育児書を師としていた。

自制こそが愛情と思っていた。
Win-win。そっか。








ひとりよがり


自分が良いと思っても
それは他人から見たら良いとは限らない。

押しつけがましかったり
迷惑だったり。

意図が見えない
自己満足かもしれない。








食事


食事を作る楽しみ。
一日3回しか食べる機会がない。

朝飯作っちゃったからあと2回だ。
楽しいなあ。

食べるものがいっぱい。
幸せだなあ。








ゆっくり生きる


素早く的確に。迅速が良しとされる。
本当にそうかなあ。

何をするにも効率良く。
そう考えてやって来た。

ゆっくり動いてみようかなあ。
意識的に。








えがお


なんか楽しい。
そう思うだけで楽しくなる

口角をあげてみた。
そうしたら笑顔になった。

なんだか
もっと楽しくなった。








偶然?必然?


自転車でこちらに向かってくる人がいた。
あれ、あれ、あれ。

すれ違い様に名前を呼んでみる。
あぁ、どうも。元気?

こんな偶然が今日は3回もあった。
それもみな会いたいなあ、と思ってた人たち。
とっても不思議。こんな事ってあるんだね 。








計画と無計画のあいだ


これから起こりうる事を想定して計画を立てる。
BCP(事業継続計画)。

人生においても同じこと。ただ山積。キャパがない。
行き当たりばったりでもいいのかもしれない。

完璧な人生なんてないのだから。








徳を積む


逃げれば追われる。
隠れようとすればするほど目立ってしまう。

まだわからない将来に対して
不安を感じ押しつぶされそうになる。
不安だらけでは負のオーラが発生する。

逆に未来に希望を持ったらどうだろう。
今できることだけを一生懸命にやってみる。

徳を積む。
今度はプラスのオーラに包まれる。
どんどん良い方に進むに違いない。
これ、どうよ。








風がふいてきた


良い風が吹いてきた。
この風に乗っていこう。

風よ、もっとふけ!
高く高く吹き上げておくれ。

風よ。








困ったなあ


う~ん、困ったなあ。
こまったなあ。

う~ん、こまったなあ。
困ったな。

困った。
困ったな。
困ったなあ。








人をうごかす


他人は自分ではない。
あたりまえの事なのにジレンマを感じてしまう。

思ったような成果が上がってこない。
つい叱咤してしまう。
相手は委縮しさらに成果がでない。

思い切って褒めてみた。
相手の顔がゆるんだ。

それからはとても良い雰囲気に包まれた。
自発的に動くようになり表情も明るい。

良い雰囲気だと成果を出してくれるんだね。








今を楽しむ


何をしていても不安感に襲われる。

楽しいことをしているのに
片隅に不安を感じて気持ちが沈む。

笑顔の中に暗い影が浮かんでしまう。
その不安、ちょっと引き出しにしまっておかない?

一瞬でも良いから
今だけを楽しんでみて。








さあ、挑戦だ


やってきたあたらしい話。
自分にできるか。

出来るような気もするけど、
できないのでは、と不安になる。

気持ちはどうなの?
問いかけてみる。

やってみたい!
じゃあ、そう言うことで。

やってやろうじゃないか。








よろこび屋


おばあちゃんが言う。
わたしはよろこび屋だからねえ。

へぇ~、いい言葉だねえ。
どんなことでもうれしいらしい。

そんなばあちゃん、素敵だね。








ダンプさん


自分が正しい。自分は間違っていないと
ゴーゴー土煙を巻き上げておいて
周りがついてこないと不満げにブーブー言っている。

ちょっと待って、みんなが悪いのかな?
歩調を合わせてみれば良いのにねえ。

あちらこちらに電話を掛けまくり
自分の思いだけをぶつけてくる。

いい迷惑だなあ。








ひと休み


2時間越えの会議。
くたびれた。

最近は一日にひとつのことをするので精一杯。
少し前まではパラレルで複数の仕事をこなしていたのに。

それが自慢だったのだけど。
ダメだ、ちょっと休むね。








酷なこと


歌い手から声を奪ったのかい。
神様は乗り越えられない試練は与えない。

神様がいるのか知らないけど。
ほんとうにいるのなら。

酷なことをするじゃないか。








ぐるぐる


お布団に入っても日中の会話が頭の中にいる。
勘弁して。もう寝ないと、明日も早いんだよ。

よほど緊張したんだね。
まだ頭の中でぐるぐるしてるとは。

こんな時は映像を白黒にしてボカして縮小させて
最後に放り投げて捨てちゃえば良いらしい。

うん、これが結構ムズい。








無理しない


こら、こら。
無理しちゃダメでしょ。

少し調子が良いとすぐ動き出す。
それでいつもオーバーワークになるんだよ。

過信しちゃダメだよ。
120%ではなく、80%に押さえてみて。








な~んだ


明石家さんま
有働由美子
西 加奈子

堂々として見えるけど
み~んな緊張してるんだ。

そう言えば優雅に見える白鳥も
水の中では一生懸命に水掻きしてるっけ。

安心した。








しんどい時


頑張って歩いているのに
うしろから追い越される。

スピードをあげてもどんどん離される。
まわりに置いていかれる。
取り残される恐怖。

自分のペースを思い出した。
しんどい時は思い出そう。








欲張り


失敗したとき自分はダメだとめげないで。
価値がない人間だと嘆かないで。

この世に生を受けて来たんでしょ。
失敗したってことは何かに挑戦したんでしょ。
頑張っても思った通りにいかないこともあるさ。

もう欲張りなんだから。
命あっての物種だよ。








ニコニコ(o^-^o)


向こう側から人が歩いてくる。
目を会わせないように目を伏せる。

思い直してニコッとしてみた。
「こんにちわ」と言ってみる。

向こう側からも「こんにちわ」の声と
ハニカミながらもニコニコ顔。

何だか気持ちが良いよ。








余裕


漠然としたものは不安感が強い。
モヤモヤ、ザワザワと落ち着かなくなる。

少しづつ具体化してみる。
そして、その対策を考えてみる。

そうすると心の準備が出来る。
同時に余裕が生まれる。








水毒


風邪、めまい、頭痛でその度に
いろんな科の病院通い。

調べてみるとどうも水毒のよう。
水分の摂り過ぎ。砂糖の摂り過ぎ。

身体に水が溜まってタプタプなのだ。
やっと、合点がいった。








温泉


今年の冬は寒かったなあ。
雪もよく降ったし。

暑い夏はバテてしまうので
あまり得意じゃない。

だけど寒すぎるのもしんどいなあ。
温泉に救われたね。








好きな事


好きな事が仕事になった。
やりたくて学校へ入り直してまで。

ただやり過ぎた。
仕事に没頭し過ぎてしまった。

もう見たくない、もうできないかもしれない。
もう無理かもしれない。








春がくる


匂いが春っぽい。
日射しが春っぽい。

鳥のさえずりが春っぽい。
ガチガチ雪が溶けてきた。

下を向きがちだった気持ちが
軽くなった気がする。
きっと春は来るに違いない。








なんとかなるさ


今日は何して遊ぼうかな?
疲れ切って何もしたくない朝。

起き上がることも辛い時
楽しいことだけやってみる。

なんとかなる。
なんとかなるなる、絶対に。








ばっかみたい


起こるかどうかもわからないのに
妄想して不安になってる。

実際に起きているかどうかもわからないのに
想像して不安がってる。

どうかしてるぜ!

現実に起きたことをそのまま受け止めればいいのに。
そう、あるがまま良くも悪くも現実を見なきゃね。








2匹の家族


相次いで動物病院のお世話になる。
腕の腫瘍と心臓病。

飼い主たちはとっても元気なのに。
君たち、心配かけないで。

身代わりに病気をもらってくれてるのかな。
やさしいね。








続ける事


才能がないと嘆かないで。
もし楽しいと思っているのなら。

努力しているのに上手にならないの?
好きな事なら続けてみて。

好きなこと・楽しいことなら
時間は掛っても絶対に上手になるものだよ。

うまくなる秘訣。
それはあきらめないで続ける事かな。








成功する人しない人


あれよあれよ、という間に名前が売れていく
女優さん

主役をめざしてバイトをしながら
頑張っているたくさんの人たち

何が違うのだろう。
突然ブレイクするタレント。

見えないちからを感じてしまう。








チャンスの女神


この波に乗ろうとしていた。
W杯ブラジル大会。

用意ドンの恰好のまま終わってしまった。
大縄跳びで順番が来たのに飛べなかった感じ。

チャンスの女神には前髪しかないんだって。
また逃してしまった。








かたまりん


最近、気がついた事。
男どうしの固まりと女どうしの固まり。

会合の席でも。
ラウンドの後のおしゃべりでも。

子どもの頃は男の子の中にいる方が多かった。
大人になると男社会・女社会。
無邪気でいられた頃が懐かしい。








女ってやつは


40代女性の離婚が増えているそうな。
熟年離婚はもう時代遅れなのか。

30代は子育てで、母親として。
50代は子育てが終わり、女性として。

40代は母親と女性との両方で
生きているんだそうな。

女ってやつはめんどくさい。
だからこそ楽しいんだな。








恋心


友人の「恋ばな」を聞いてみる。
相手には思いは伝えていないらしい。

月に1回程度、会合であうだけ。
たわいのない会話に大笑いするのだそう。

とっても楽しい、と少女になっている。
小学生か!








夫婦


恋しちゃったんだ。
ちょっと待ってよ。あなた旦那さんいるじゃない。

友人の突然の告白に驚いた。
旦那とは家族だよ。
長くいると単なる家族になっちゃうんだよねえ。

岡村孝子の歌声が沁みてくる
夫婦って、何?








6月の花嫁


ウエディングドレスの彼女はまぶしかった。
小さい頃のあどけない顔が浮かぶ。
しばらく会わないうちに美しい女性になっていた。

ウエストのなんと細いこと。
くびの長いこと。
なんて華奢な肩。。。

ウン十年前の私もそうだったのだろうか。
若いってそれだけですばらしい。

客観的に冷静に見ている自分がいた。
そのことにも驚いた。








適材適所


アイデアが次々湧いてくる若い女性がいた。
上司からは問題視されていた。

頼んだ仕事をしている最中でも
他のアイデアが浮かんでしまうと言う。
そして即行動、実現するための打合せまで済ませてしまう。

生かしてあげたい才能だと思うけどなあ。
煮詰まってブレインストーミングをしている人もいるのにね。








後期高齢者


もう後期高齢者だから。。。
近所のおばちゃんが言う。

後期、、、イヤなひびき。
誰?こんな言葉で。嫌がらせ?

後期だから、後を考えろよって事?
これから高齢者社会を迎えるというのに。
嫌だと思えば、それはハラスメントなんだよ。








終活


延命は拒否するね。
遺影は普段着で笑っているのでお願い。

君たちを墓守にする気はないの。
恩を返したいと思うなら次の世代へしてあげて。

順送り、一番のしあわせ。
楽しかったよ。
でも120歳までは生きるつもりです。








顔のお肉


なあ~んだか、目がはれぼったい。
あれ、ほっぺのお肉も?

スマホを見すぎると老け顔になると言ってたな。
無表情で時間が過ぎるから。

目を大きく開けてみる。お口も。
あらあら、開けずらい。お肉が邪魔してる。

顔のトレーニングを始めました。








大きなお世話


GOLFを教えたがるおじいちゃん。
うざいと思っていたけれど

年を重ねてきて少しわかる気がする。
人の役に立ちたい
というか、人のお世話がしたいのだ。

無性に誰かの世話が焼きたい。
大きなお世話、ですが。








てみる


やってみる。
乗っかってみる。

W杯ブラジル大会が開かれているらしい。
日本国内でもサポータが夢中でテレビを見ている。

サッカーのルールがわからない私は
ロスタイム・PK・・・よくわからない。

この波に乗っかってみようかな。
楽しいのかもしれないし。








struggle


創作は作家と同じ。
シンガーソングライターと同じ。

生みの苦しみ、なるほどね。

生み続けるしかないんだ。
そっか、struggleの連続か。








悩むの


悩むのを止めてみた。
意識的にやめてみた。

胃の痛みが一瞬なくなった。
この方法いいかもしれない。

気が付くと考え込んでいる。
だめだめ、やめ!

癖になっちゃったんだなあ。

この方法なかなか、いいかも。








忙しい


忙しい
忙しいって、心を亡くすと書くんだね。

ほんとだ、人に対しても
自分に対しても、すごくとげとげしている。

こんな時は、ほんの少しだけでも
立ち止まってまわりを見回してみる。

とげとげは伝染病だからね。








不安


不安に押し潰されそうになる時でも
目の前の事に集中してみる。

集中していると不安はどこかに隠れてしまう。
不安のままでもいいんだ。

仲良く同居していこう。
自分ひとりじゃないんだ。

誰にでも不安はあるんだからね。








一生懸命


自分では、どうやっても解決できない
問題が起こることがある。

どう考えても、どうにもならない
どう考えても、解決できない
どうにもならず、悶々としてしまう。

そんな時は、その問題には少し待ってもらう。

いま出来ることを真摯に一生懸命にやっていると
道が開けることが良くある。

不思議だなあ。








しあわせ


底冷えのする夜
湯船につかる
ほー、あたたかい。

温めておいたお布団にもぐる
ほー、あたたかい。

んー、なんてしあわせなんだろう。








くじけないで


トヨさんもさみしかったんだねえ。
家族もいるのに。
友だちもいるのに。

一緒に住んでいても、ふとした瞬間にさみしくて
居ても立っても居られなくなる。

何なの、この感情








留守番電話


なぜ、電話が苦手なのだろう。

こちらの都合もお構いなしに突然かかってくるから?
それが勧誘の電話だったとき、断るのに一苦労する。

話を聞いてあげても、断っても後味の悪いものだ。

いつしか留守番電話に頼るようになっている。
ただ、用事があって電話してくるハズなのに

留守番電話が応答すると
何のメッセージも入れないで電話が切れる。

おもしろい。